事務所移転時に考えること

独立したての頃に借りたオンボロ事務所から移転し、アクセスの良い綺麗な事務所に移転をしたいということは、自営業なら誰もが一度は考えることです。やはり会社の顔である事務所は、しっかりとアピールしていきたい部分であるし、事務所を見てもらい、それが仕事の受注につながることも多いです。しかし、事務所移転は、思うほど簡単にいかないのが現状です。名刺の作り直しから始まり、電話回線やネット環境の調整、得意先へのあいさつ回りなど、とにかくやることが多いです。そしてそれを忙しい日々の業務の中で進めていかなければならないのだから大変です。独立して5年、事務所移転計画を考えはじめて早2年、やらねばと心に感じながら、どうも面倒くさいという気持ちが勝ってしまい、いまだにこの住み慣れた事務所で仕事をしています。しかし、この環境だからこそ、仕事が上手くいっているのではないかとも最近考え出しました。流行っていたラーメン屋が、厨房を新しくした途端、味がかわり客足がとだえたような話もあります。もう少し、この事務所で仕事を続けてみようと思うのは、めんどくさいことへ言い訳でしょうか。そんなことを考えながら、今日も仕事に励んでいます。

快適な事務所移転のために専門の業者を利用しよう

神戸で暮らしている知人の男性は、数年前に独立して自分の会社を立ち上げました。6年ほどずっと小さな事務所で業務を続けていたのですが、少しずつ会社が大きくなって、社員も増えてきたということで、昨年の春に事務所移転をしました。社員全員が快適に業務をこなせるような物件を探していたところ、最適な物件を見つけたそうです。ちなみに、事務所移転は専門の業者さんにサポートしてもらったと行っていました。移転に関する作業はもちろんのこと、新しい事務所のレイアウトも提案してくれたので、移転後はすぐに業務に集中することができたと言っていました。たくさんの経験を基にレイアウトを提案してくれたおかげで、社員はもちろんのこと、お客様も心地よく時間を過ごすことができる快適な事務所が実現したそうです。専門の業者さんにお任せすることで、想像していた以上にスムーズに事務所移転ができて満足している様子です。

事務所移転の素晴らしい効果

事務所移転は、オフィスを移動させること、まさに会社組織の引っ越しになります。上手く行かせることは、エネルギーのいる必要な作業になります。物件探しや移転のための費用そして移転が済んだ後の事務に関する手続きなど、広い範囲に亘る問題があります。事務所移転で成果を得るために、まず第一に移動の意図を明らかにしましょう。社員増員や会社組織のイメージアップさらに業務パフォーマンスアップなどが挙げられます。その目標を基に新事務所の配置を作り込むことができます。この配置が事務所移転には不可欠で、業績に影響することなります。気持ちの良い事務所に移転したことにより、従業員も満足しエネルギーが向上することになります。新事務所に訪問するクライアントも増え、商談成立などビジネスに影響がもたらされるのは間違いありません。

企業の魅力を引き出しブランディングを成功させるならフロンティアコンサルティングへ。 リスクを回避し、目的・計画に合う最適な物件を見つけるサポートをいたします。 ご依頼者様のケースをご紹介いたしております、実例を当サイトで是非ご覧ください! 見積りは素早く、専門スタッフが現地へ調査に伺います。 事務所移転一括お任せのフロンティアコンサルティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*